ブログ一覧 | 世田谷・狛江・調布で学習塾、フリースクール、音楽教室、カウンセリングを運営しているSash leads株式会社

ブログ一覧 | 世田谷・狛江・調布で学習塾、フリースクール、音楽教室、カウンセリングを運営しているSash leads株式会社

ブログ一覧 BLOG

facebook instagram twitter ameblo

庭つき戸建ての査定で値段が落ちるまさかの理由

みなさま、こんにちは。

夏が近づいてきましたね!
日中は暑く、夜は涼しい。でも、エアコンをつけて睡眠されている方々も多いのではないでしょうか。
これだけ蒸していると、深夜にのどが渇いたりしますしね。
 
さて、今日は表題の「庭つき戸建ての査定」のまさかのポイントについて書いていきたいと思います。
皆様は、戸建て派でしょうか、マンション派でしょうか。個々の好みによってこれは大きく分かれるところです。
ちなみに私は戸建て派です!「何故?」それは、今から書くまさかの理由に直結します。
 
では、早速答えを直結にお伝えします。答えは「除草剤」の利用です。
「え?何で」と思われた方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
 
先ほども書いた通り、私は「戸建て派」なのですが、理由としては「庭木いじり」が趣味だからです。(草むしりはもちろん面倒なので、除外ですが笑)
母方の本家は植木屋を営んでおり、昔から造園の木々のある庭で、「木登り」をしたり「秘密基地」を作ったりして遊んでいました。また、傷んでどうにもならない木は、お風呂を沸かす薪(まき)として利用するため、なたで割っていました。(江戸時代ではないですよ。ガスと併用もできるやつなんで、昭和後期から平成でもその生活でした。)
 
ここが大きなターニングポイントです。2つ挙げます。
①木が燃えない!除草剤をまくことで、樹木の生長を止めたり、腐らせたりしてしまうため、樹木の中が空洞になっていたり、燃えにくくなってしまうので、薪としても利用ができないのです。
②①でも述べたように、「樹木を傷める」からわかるように、樹木が育たないのです。特に雨が降った際の水の流れで、一部分にしかまいていなくても、水が下方に流れてしまう場合は、除草剤の成分が庭全体に広がるので、樹木は育たず、花も枯れます。除草剤は10年以上効果を持続するため、売買する際に、庭木をいじりたくご購入を考えている方にとっては、マイナスです。
 
草が生い茂っていても、処理をすればいいだけですので、下手に除草剤をまいたり、固めてしまうのは査定が低くなるので気を付けてください。